進撃の巨人第2話壮絶あらすじ 俳優梶裕貴

みなさん、こんにちは♪『進撃の巨人』最新放送アニメ・マンガ無料ネタバレ感想まとめの管理人のカトーです。第2話では巨人の襲撃から逃れたエレン達、そしてシガンシナ区が崩れていく様が描かれます。それはまさに地獄絵図。。また第1話の伏線のエレンの父はやってくるのか。気になります。

『進撃の巨人』第1期第2話見どころ♪

タイトル『その日―シガンシナ陥落 (2)―』

そこは巨人が人を喰い、全てを支配する世界…

 

========第1期あらすじ========

巨人の餌と化した人類は

巨大な壁を築き、

壁外への自由と引き換えに

巨人の侵略を防いでいた。

 

だが自由を夢見る10歳の少年

エレン・イェーガーは、

外の世界へ出ることを

諦めた人々に違和感を覚える。

そして、壁をも超える超大型巨人が出現し…。

========第1期あらすじ========

 

巨人はもうシガンシナ区の中に

入り込んでしまい、どうしようもない状況。

なんとか地区内の川を移動している船で

ウォールローゼ内へと住民は避難することに。

 

母を殺され憔悴しているエレンとミカサ、

親友のアルミンもなんとか輸送船に。

 

シガンシナ区は南端にちょこんとありますが、

ここが巨人に襲撃された際の

リスクヘッジとして存在している地域です。

シガンシナ区の開閉できる門を閉じて、

巨人を封じ込めることを

政府軍は選択しますが、

そこにやってきたのが

普通の巨人とは違う鎧をまとったような巨人!!

明らかに他の巨人とは違う

この巨人が門にタックルしたことにより、

穴がぽっかりと開いてしまいました…。

これにより、巨人のウォールマリア内への侵入を

許してしまいました。。

 

もちろん、これにより、

人類の生活エリアは狭まります。

 

そんな中、エレンの父親にも

ウォールマリアが落ちたという

知らせが。急いでエレンの元へと向かう。

 

エレンの元へと帰ってきた?父グリシャは

エレンに注射を…!?

訳が分からず、エレンは泣き叫ぶところで

ミカサに起こされ、夢が覚めたのであった。

首には見覚えのない鍵がかかっていた。

ウォールローゼ内の避難所は

避難民で混沌としていた。

生き延びるのもやっとの状況。

 

数日後、大量のウォールマリアの避難民は、

ウォールローゼ内の荒地開拓などを行うも

食料不足が改善されなかった。

 

翌年、そんな丸腰の避難民を

ウォールマリア内へと奪還作戦として

投入した。

 

もちろんほぼ全滅。

大量の犠牲で少しの食糧不足が

解消されただけであった。

 

この奪還作戦には

エレンの親友であるアルミンの唯一の家族(祖父)も

参加していました。その祖父も帰ってきませんでした…

 

復讐に燃えるエレン・ミカサ・アルミンの3人は

12歳になる年に訓練兵の誓いを立てる…

 

そして彼らは、第104期訓練兵の訓練が始まる。

『進撃の巨人』第1期第2話感想まとめ!

いやー、何度見ても圧倒的な迫力…

 

今回でシガンシナ区だけでなく、

ウォールマリアも完落ちしてしまいました。。

 

これにより、生活エリアも

撤退せざるを得ない状況。

もう最悪ですね。。

 

鎧をまとっているような巨人も

明らかに異質でしたね!!

砲弾も効かないあの巨人の手立ては…

 

またエレンの名言の

「駆逐してやるッ!!」も

炸裂してました。

 

また第2話からのグリシャの伏線ですが、

エレンは実際に会ったのか、

それとも単なる夢だったのか。

 

またミカサの頭痛(両親が殺されている描写)も

気になります!

 

この二つの伏線は長引きそうですね。。

 

謎が謎を呼ぶ進撃の巨人。

少しずつ繋がっていくので

その謎解きすらも楽しみましょう!

 

第3話も見逃せません♪

 

『進撃の巨人』第1期の伏線ポイントと考察!

第3話への伏線♪

  1. 鎧の巨人の正体
  2. ミカサの頭痛の理由

この二点が主な伏線となるでしょう!

 

『進撃の巨人』第1期第3話は?